でごうし【出格子】

町家の1階、オモテの柱通りより外に突きだした形式の格子をいう。格子のあるミセの部分をコシの間ともいう。もともとの平格子に増築されたものが多い。軒の腕木の支持をするものはさらに時代を下る。