いどびき【井戸引き】

 井戸やハシリの裏の側壁に設けられた横架材。水廻りで傷んだ側柱の柱脚を取り替えやすいように設けられた。下部の傷みを省くため、下に煉瓦を積んでいることも多い。土間から3尺ほどの高さに入れる事が多い。今日の改修時にはそれ自体が傷んでいる場合がほとんど。