いたず【板図】

 大工棟梁が板に墨壺で描く設計図。間取図に見えるが屋根の形状や主要な造作の情報も盛り込まれる。番付けは間口に向かって左端、表からイの一番となる。平面と高さ方向、二本の尺杖が作られれば工事のための情報はそろう。町家が建てられていた時代、共通の決まりごとを習得していれば、情報がすべて共有できるツールの一つ。