かいおれくぎ【貝折れ釘】

手作業で鋼を切り、頂部を叩けるように曲げたくぎ。数寄屋を模した町家、料理屋で多く使われ、今日でも貴重な建材。外装の板貼や木賊貼に見られる。化粧で見えることを前提に割り付けて打つ。