こしぶき【腰葺・越葺】

軒桁の板葺きや銅板葺きの上部に瓦を葺くこと。門、縁側、水回りの屋根に使う。取り合いは一文字瓦で納める。軒先を軽くでき、下地の負担を減らせるが、手間がかかり、耐久性が劣り、瓦の直下の銅板から雨漏りが起こる。