くくみ【ククミ】

鴨居の溝からこぼれる建具本体の欠き込み。建具の正面側に偏心して刻む。より格の高い室や私的な室及び内側を向く。くくみで必要なクリアランスを確保し、敷居の溝は障子紙一枚の深さとする。京町家の襖と建具で見込みが異なる。