おきどこ【置き床】

部屋の隅を使って、畳の上に置く簡易な飾り床。床の間を取る余地がない場合の工夫である。下がり束に落とし掛けや雲板を取り付ける吊り床も同様の工夫であり、対で使われることも多い。