おたな【大店】

大規模な町家のこと。広げて大きな商家や、多くの家作を所有する本家筋を言う。その保守・管理等のために常に職方がお出入りをしていた。3人の大工であれば、30軒の借家を持つ大店へのお出入りで、一年の仕事が回ったと言う。