そばまさ【傍柾】

造作材の木取りで見付け(側)が柾目に、上下が板目になるようにすること。狂いが見込みに出ないよう鴨居や敷居に使う。対して逆の木取りを平柾とよび、上質な板材や曲げの必要な面材に見られる。更に贅沢を尽くせば四方柾となり、建具の框や祇園祭の鉾の化粧柱などに見られる。京都の大工の鉋台のように、日々調整するならば堅木は追い柾でも十分、同じ一本の木材から適材適所に材料を別ける工夫が大切に守られている。