すみつぼ【墨壷】

すみつぼ大工が材料の刻みのため墨をつける道具。墨に浸した糸を弾いて直線を材に写す。番付けを印す為にへらが付く。毛筆での書は不得手でも、へらでは達筆といわれる棟梁たちの番付けの跡は今日でも多く見られる。