とくさばり【木賊貼】

数奇屋風の町家や料理屋などに見られる外装仕上げ。真竹の半割を小刀で削りながら節を合わせてゆく。折れ釘は化粧で正面から打つ。風雨で多少傷んで見えても柿渋を塗れば生き返る。