とおりばしら【通り柱】

軸組の交点に立つ1、2階通しにする正角の柱。胴差や桁や地棟と合わせ町家の基本となる骨組みを造る。側柱も通し柱であるが通り柱とは呼ばない。対して胴差で切られる各階ごとの柱は菅柱という。