とおりにわ【トオリニワ】

町家の表から裏へと通された土間をいう。町家の南か東に配される。ミセニワゲンカンニワハシリ(ニワ)の総称。ハシリ上部の火袋による出火防止や延焼防止、隣家とのプライバシーの確保、汲み取りや前栽の手入れの通路、夏場の食べ物の保存用の温度管理の場所として、都市住宅としての町家の知恵が集約されている。