つし【厨子】

軒高が低い町家の表側の屋根裏空間。天井高が低く、物置などにされることが多い。大店では階段を設け、丁稚の寝所として使われた。明治期までの町家に見られる。