ずし【図子】

平安京以来の方一町(40丈=約120メートル)街区の内側に設けられた狭い街路のこと。大公秀吉による背割り街路とは別に、自発的な由来による。