• 京町家net ホーム
  • サイトマップ
  • アクセス・お問い合わせ
京町家再生研究会
京町家再生研究会 活動報告

嵯峨狂言堂 修復再生の試み



   平成30年10月21日、嵯峨釈迦堂清凉寺境内の狂言堂で、国の重要無形民俗文化財「嵯峨大念仏狂言」の秋季公演が催された。2年間にわたる狂言堂の建物修理工事で、本堂東縁を利用した仮舞台公演が続いていたが、昨秋、工事が終わり、久々の本舞台での?落とし公演に地元住民や子供達、清凉寺団信徒の皆様、外国人を交えた観光客、伝統芸能を愛する市民が大勢集まり、錦秋の午後の観劇を楽しんだ。この日の演目は、嵯峨大念仏狂言の「愛宕詣」と「土蜘蛛」、お祝いに駆けつけた千本ゑんま堂大念仏狂言の「鬼の念仏」と「紅葉狩」の4番が、愛宕の山並みに向かって3方に開かれた新しい桧舞台で上演された。長年苦労して嵯峨大念仏狂言を守り育ててきた保存会の皆様も、遠巻きに若手演者の動きや、桧舞台の反響、観衆の興味深い表情等を観察しながら、復活公演の成功を心から喜んでおられた。

   このたびの嵯峨狂言堂修理事業と、私達、京町家再生研究会の関わりは、日頃祇園祭山鉾修理事業でお世話になっている、京都府、京都市文化財保護課から、嵯峨狂言堂を所有する清凉寺と、建物管理者の保存会をご紹介いただいたご縁によるものである。平成27年春先の事だったが、屋根の葺替と修理を考えていた狂言堂の破損状況調査を御依頼いただき、再生研の建築士と作事組の伝統構法技能者が共同して、大屋根瓦、小屋組、木軸と床下の柱脚、礎石まで、各部の腐朽や破損、不具合を徹底して調査し、報告書をまとめた。その結果、時を移さず、文化庁の補助金を受けて建物修理が実施される事になり、私達が設計監理業務の立場でお手伝いすることになった。平成28年11月1日に着手し、平成30年9月30日まで、足掛け2年半の工程で修復工事は完了した。

   この工事の中で、最も大切に守られた仕様は、伝統構法による復原的修理を、各損傷部位を半解体して、適切に実施できたことである。すなわち明治34年現在地に移築されて以降、数度にわたって行われた改修のなかで、後から補強の為に入れた鉄骨や、基礎周りの在来工法による不健全な修理箇所を撤去し、本来の自然素材や、オーセンティシティ(真実性)のある伝統構法を用いた修理を一貫して行う事が出来た。詳述すれば、不同沈下した巨きな花崗岩礎石を掘り起こしてコンクリートを裏込めし、根巻打ちして基準レベルに据え直し、その上に根腐れした通し柱を同種桧材で根継ぎして載せてゆく。在来工法によるボード壁は除去し、本来の通柱に竹小舞を編みつけ、土壁を塗り戻す。正面目付けの通柱と胴差、上部の大梁などを新しい松梁と交換し、隅木、ハネ木は一部新材に替え、全てのハネ木を調整し、軒先の茅負と、ホゾで緊結しなおして、柔構造の屋根架構を回復した。美しい縄垂れ曲線を描く垂木に野地板を張りなおして、その上に土居葺で下地修復をする。屋根瓦は、基本的に新瓦の桟葺としたが、大鬼瓦は原則として古物を再用し、破風飾のキツネ格子や懸魚も、既存品を保存再利用している。未指定建造物ではあるが、この様な地域の文化財として固有の価値を有する伝統的建築物を大切に保全修復してゆく事業に参画させていただけたことは、京町家の継承を目指している私達京町家ネットの活動目標に合致するものであり、とてもありがたく思っている。





   最後に、嵯峨大念仏狂言保存会の会長をはじめ、役員の方々、親子会員や活動を見守る嵯峨地域の皆様方には3年の長期にわたりお付き合い戴き有難うございました。修復されました狂言堂の建物、その中で行われる皆様の活動、また継承されていく大念仏狂言の御面、衣裳、諸道具、楽器類など、建築と伝統芸能および生活文化の間の諸関係について、つぶさに学ばせて戴けた事に深く感謝すると共に、嵯峨大念仏狂言の次代にむけてのますますのご発展をお祈り申し上げます。


<木下龍一(京町家再生研究会)>



12月例会「仕出しを楽しむ」



   寒暖差が激しい今年の冬の中でも、とびきり寒かった12月9日、京町家友の会の会員の皆さんと共に、仕出しのお食事を楽しみました。今回、仕出しをお願いしたのは、京町家友の会本部の近隣にある明治40年創業の「井傳」さんです。

   お料理をお出しする前に、まずは井山和彦さんからお話しを伺いました。数年前にも先代ご当主にお話を頂きましたが、今回は四代目ご当主がきてくださいました。井山さんには、京都の仕出しにまつわるお話だけでなく、京料理を支える料理人さんのお話、京都の「息子はん文化」もお話しくださいました。
   仕出しは、京都の人々の暮らしの節目になくてはならないものです。なにかお祝い事があったとき、仏事があったとき、お客さんがいらしたとき、京都の人々は地域にお店を構えておられる仕出し屋さんにお願いをして、お料理を持ってきてもらいます。井傳さんも、室町界隈の人々が厚い信頼を寄せているお店です。
   井山さんのお話はどれも面白いものばかり。まずは、京料理の料理人さんのお話を聞かせてくださいました。料理人さんの世界、特に京料理は、一般人にとって敷居が高くて、閉ざされた世界のように思うのですが、実はお店が違っても、料理人さん同士の交流が盛んで、いろいろな技を教え合い、一緒に切磋琢磨し、次世代の育成をするのが当たり前の、風通しのよい世界なのだそうです。井山さんが「うちは井傳ですが、秘伝はありません」と笑っておられましたが、井山さんをはじめとする料理人さんたちが受け継いできた技や味に、自信を持っておられるからこそできることなのではないでしょうか。これは京町家の生活文化や町家を直す技術の継承にも通じるものです。
   お店から運ばれてくるお料理は、一人ずつ美しいお重につめられています。そこに暖かなお椀がついています(これは仕出しをとった家の人が温め直します。今回は小島さんとお嬢さんが温めてくださいました)。お重に入ったお料理の味付けは、お料理が冷めている状態で食べられるのを前提にされているので、お出汁がしっかりきいていて、素材のうまみが際立っています。皆さん、顔をほころばせながら和やかにお食事をされました。

   さて、興味深い話、「息子はん文化」ですが、料理人や職人さんであれ、お商売をされている方であれ、息子さんは、「どこそこさんの息子はん」でみんなに知られることから始まるという文化が京都にはあるというものです。(もちろん、娘さんもそうですよね。)当代になっても、やっぱりしばらくは「息子はん」。そういえば、小島さんが井山さんをご紹介されたときも「息子さんの〜」と!井山さんの横でこのお話を聞いておられた小島さんも、あっ!と口に手を当てて笑っておられました。
   また季節を変えて、楽しいお話と、季節のお食事を皆さんとともに頂きたいと思います。


<惣司めぐみ(京町家友の会)>



「美の壷」取材記



テレビ番組「美の壷」で町家をテーマにとりあげたい―京町家友の会会員の山本充宏さんからご相談があった。テレビ番組制作会社、テレビマンユニオンの制作者である山本さんには釜座町町家再生プロジェクトのDVD編集にご協力いただいたことがある。その山本さんからのご相談なので、応えないわけにはいかない。ぜひ町家の魅力を全国のみなさんに届けていただきたい。そんな気持ちで小島富佐江さん、木下龍一さん、内田康博さんを中心に再生研関係者で全面的に協力することになった。最初の話し合いでは、テーマに沿った町家やいろいろなアイデアなどを出し合った。ご希望に沿った撮影場所としてどのようなところがよいのか、検討する。取材が進むうちに、私たちの活動の歴史がつむぎ合わされていくような不思議な感覚を覚えた。取材の様子をお伝えしながら、つながりの一端を紹介していきたい。

   町家再生にとって大切な改修を支える職人さんとして、みなさんにもおなじみ、左官のさくあん、荻野哲也さんと洗い屋の神門幹典さんに登場していただいた。今年初めて試みた親子体験教室でこどもたちに暖かく指導してくださったお二人だ。(詳細は京町家通信121号をご参照いただきたい)

   さくあんさんは午前中、工房での撮影後、親子体験教室を若いお弟子さんと一緒にご指導くださった。子供たちは予想以上に「美の壷」「NHK」とハイテンション。「美の壷」が子どもたちにも浸透しているとは、驚きだ。会場はあけびわ路地。すっきりと改修された長屋の前、特徴的な回り路地にさくあんさんが持ってこられたボードが並べられ、子どもたちはいろいろな色の土を塗っていく。明るい日差しの下、のびのびと作業するこども達。子ども達のパワーをもらってあけびわ路地がどんどん元気になっていくようだ。飽きずに作業を続ける子ども達を根気よく撮影されているスタッフのみなさんの姿も印象的で、一緒にこの日のおやつ、「栗餅」を味わった。

   神門さんがベンガラ塗をおこなったのはArisa Museum House。ちょうどひと月前、親子体験教室で格子の外枠を塗らせていただいた町家だ。今回は手付かずだった細い格子をプロの仕事で塗り、仕上げることになった。土壁塗りとは違い、ベンガラ塗りの時は子どもたちがじっくり職人さん気分で刷毛を動かしていたことを思い出す。体験会で手伝ってくれた大学生もこの日再び参加し、若いお弟子さんと一緒に3人で仕上げをしていた。

   大家の振本さんのご家族も来られて、おやつの焼き芋をいただいた。振本さんご一家は自力で改修されたとき、格子に塗られたペンキをはがして、ベンガラを塗った経験もおありだ。改修時に出た廃材を集めて焚火にして、灰の中でお芋をじっくり焼くと甘みが出ておいしい。そうすると家の材も命を全うしてくれるでしょう、とおっしゃる。ベンガラ塗りや洗いにも灰が必要だ。町家を形作るさまざまなものがくるくると回って私たちを支えていることを知る。

   当日立ち会いに来られた木下さんに、隣地の建て替えの時、けらばを切らないように支援してくださったことを覚えておられますか、とても感謝している、という思い出を振本さんが語ってくださった。お昼時には若い頃この近くに住まわれていた木下さんと一緒に当時の面影を辿って周辺を歩くこともできた。一気にこれまでの再生研の活動を遡る旅に出たような気分だった。
   25年余り活動を続けていると、時を経てあらためて浮かび上がり、あらたな絆になっていくことがある。今回、取材をきっかけに、親子体験を通じて生まれたつながりが強化され広がっていく様子が感じられた。

   ベンガラ塗りに先立ち、午前中は、釜座町町家の店の間で高田先生のインタビューがおこなわれた。セッティングの様子を見ていると町家の光、空間が映し出されるようにとても細やかな手配をされている。4Kによると店の間の撮影でも最も奥にあるギャラリーのパネルまでくっきり見えると聴いて、びっくり。スタッフのみなさんが光の入り方などにとても神経を使っておられることがよくわかる。高田先生が登場すると、一気に話が進み、あっという間に時間が経ってしまった。

   今回関係者の一人としてさまざまな場面で撮影に立ち会うことができた。取材のための仕事というよりも、取材を通して住み手や職人さんとの関わりが深めることができ、とても貴重な機会だった。私たちが町家を通してさまざまな恩恵を受け、つながりを得ているということそのものが、町家再生の財産であると感じられるひと時だった。
   これだけ時間をかけた取材が30分という番組に凝縮されていくのだと思うととても興味深い。みなさんがご存知の町家がどんなふうにどれくらい登場するでしょうか?是非ご覧ください。

放送予定
2019年1月18日(金)
午後7時30分〜午後8時00分 NHK BSプレミアム

(再放送)
2019年1月25日(金)
午後0時00分〜午後0時30分 NHK BSプレミアム


<丹羽結花(京町家再生研究会)>



第6回作全協奈良大会を終えて



   2007年開催の第2回全国町家再生交流会で結成を呼び掛け、創設された作事組全国協議会の奈良大会が成功裏に終わった。10年の節目の大会であり、テーマは「住み継ぐための技術と知恵」であった。
   総会では八女から提案された、仲間を増やすとともに地域のネットワークにより面的な活動に展開していくための、地域ブロック設置が承認された。全体会で発表された次回開催地は福岡で、「文化財匠塾」が中心になり、八女、久留米、臼杵、的山大島(平戸)が協力して開催されることになった。
br    シンポでは奈良の努力で約70名の市民参加を得て、市民との分かり合いと協働の趣旨に沿った会になった。問題提起は上野奈良女子大学名誉教授の奈良町家のあゆみと町家の良い面と悪い面(現代の暮らしにそぐわないところ)などが、わかりやすく話された。パネルディスカッションでは大岸さん(造園家)からは地域の植生に沿い、現代の暮らしの要求に対応した庭造りが、京都の堀さん(大工)からは現場で発見される予期しない故障と直し方の工夫が、宇陀の宮奥さん (左官)からは地域の素材や気候条件に合わせた、現場対応の良い加減≠フ納め方の苦労や工夫が、奈良の藤岡さん(設計者)からは解体による納まりや痕跡をていねいに調査し対応すること、かつ空間や意匠を損なわないように現代的要求を挿入・設置する工夫が話された。また職方からは職人不足、資材流通の途絶えなどの問題点も訴えられた。市民の方に奈良町家の魅力や設計者を含めた職方の苦労や工夫が伝わったと思う。

   分科会は(1)「町家の耐震改修法」、(2)「町家の修復再生における職人技術を考える」、(3)「町家・街並みの記録による継承」の3つであった。(1)では瀧野奈良女子大准教授から伝統構法の町家は変形と復元に頼る柔構造で、力の伝達のしくみ、石場建てなどの解析や実験では応答解析がしにくいことが、京都の末川さん(設計)からは京町家の構造の特徴と応答のしくみの試論が、奈良の大崎さん(構造設計)からは限界耐力計算による構造設計とその実例が、それぞれ示され、意見交換では解析法、石場建ての可能性、許認可の手法、改修設計する者の責任などが話された。(2)では京都の辻さん(大工)からは京町家棟梁塾による後継の育成が、八女の中島隆弘さん(設計)からは伝統技術の学習会や材料製作の試み、技能講習、さらに八女産木材を使った住宅の実現などが、金沢の橋本さん(設計)からは市の肝煎である職人大学校の本科、修復専攻科、さらに現場での仕事で学ぶ修復研究会へのステップアップ、こどもマイスタースクールの試みが、それぞれ示され、意見交換では徒弟時代とは違う職人の育成の困難性、異業種とのコミュニケーションの必要性、職人の組織化の困難性などが話された。(3)では京都の南さん(設計)からは改修事例の記録、改修マニュアルの作成、会報を通した広報と記録が、姫路の山田さん(設計)からは格子などの部分から始まった町家や町並み調査と冊子の作製の蓄積が改修第1号の作法につながったこと、奈良の吉川さん(設計)からは毎年行う格子、庭などの部分から町並みさらには海外に亘る調査結果を、パネル展示で公開していることがそれぞれ紹介された。話し合いでは記録の整理・保管・開示及び記録保持者の把握、情報ネットワークの大切さなどが挙げられた。いずれのテーマも議論も作全協創設時からのものだが、格段に調査・改修実績が増え、改修作法や手段が広がりを見せ、この活動の延長上に各地の町家の特性や共通項が明らかになり、町家のとらえ方、改修作法も収斂していくものと確信する。

   4コマ用意された見学会は普段体験することは少ない、きたまち、改修町家、春日大社や社家町、薬師寺東塔改修現場などを見学でき、先史から現代までの奈良を体験し、歴史の重層性を肌で感じることができた。

   しかし何よりの成果は、大会開催受託時は少ないメンバーで細々とやっているので、と控えめであった、なら・町家研究会が、奈良まちづくりセンター、奈良きたまち≠フまちづくりを考える会、宇陀、高畑トラスト、春日大社、奈良ホテルとの協働で成功させ、奈良の町家・まちづくりネットワークを再生し、地域ブロックでの協働という今後の課題の魁となったことであった。

<梶山秀一郎(京町家作事組監事)>

過去の活動報告